以前から子宮がん検診を受けましょう

という話をしていたのですが、

時々、卵巣癌はどうすればいいのですか、と

聞かれることがあります。

また、手術で子宮は取ったんだけど、

卵巣は残した場合、

今後の癌検診はどうすればいいのか

聞かれることもあります。

子宮頸癌検診のように年に1度の

検診を受けていればそれでいいのかと

いわれると、残念ながら卵巣癌には

検診というものが存在しないのです。

それは、なぜか。

卵巣癌は、いざ癌になるとあっと

いう間に進んでしまうからです。

つまり、1年前に検診をして、

卵巣癌がなかったとしても

その1年後には、もう進行した

卵巣癌になっている

可能性は十分ありえるのです。

実際、卵巣癌の50%以上は進行した

状態で見つかっており、手術や

抗がん剤を用いても

70%は再発するといわれています。

ですので、自覚症状が何かあれば、

そのまま放っておかずに、婦人科を

受診してもらいたいのです。

では、どういった自覚症状が問題に

なるのか。

それは、

お腹周りが大きくなった

下腹部が何か痛い

トイレが近い、もしくは出しづらい

すぐお腹いっぱいになる

 

これらの症状が、気になるようであれば

婦人科を受診するのがおススメです。

もちろん、毎月超音波で検査していれば

仮に卵巣癌になったとしても、かなり

早期に見つけることができると

思いますけど、毎月婦人科に行って

超音波の検査を受けるのって、あまり

現実的じゃないですよね・・・

ですので、さきほど説明したように、

お腹周りが大きくなった

下腹部が何か痛い

トイレが近い、もしくは出しづらい

すぐお腹いっぱいになる

 

こういった症状をよく感じるように

なったら、一度婦人科を受診するように

してくださいね。