まだ妊娠を考えてない方にとって、避妊はとても大事なこと。

日本国内で、年間20万件もの中絶手術が行われていることを考えると、

もっと避妊することに積極的になってもらいたいのです。

元気な赤ちゃんを迎える為に、産婦人科医として働いているのに、

中絶手術をすることほど、心を削ることはありません。

ぜひとも、避妊に関する知識を深めていただきたいと思います。

まず、メジャーなものとしては

コンドーム

これは、はっきり言って男性主体の避妊方法です。

最初から最後までしっかりつけない男性もいるでしょう。

ちゃんと使えば、パール指数(1年間に何%の女性が妊娠するか)は

3ですが、途中からつけたり、途中で破れたりすると、パール指数は

15

 

に跳ね上がってしまいます。

なので、コンドームだけに頼るのはあまりお勧めしません。

普段の外来でも、途中で破れたといって受診する女性は結構います。

もちろん、性病予防目的でコンドームを使うことはとても大事ですよ。

ピル

コンドームは男性主体といいましたが、女性主体の避妊方法としては

ピル

があります。

ピルのパール指数は、0.1

ほぼ間違いなく避妊できることになります。

ただ、日本国内ではまだまだ普及していないのが実情。

ヨーロッパでは3~4割の女性が避妊方法としてピルを選んでいるのに対し、

日本ではわずか1%

 

外来でお勧めしても、ピルはちょっと・・・という患者さんも結構多いです。

なので、そういう時は、ピルのメリットとデメリットをしっかり説明して、

選んでもらっています。

ピルに関する説明はとても長くなるので

また次回に!