子宮頸がん

  • HOME »
  • 子宮頸がん

子宮頸がんとは

婦人科のがんで最も多い子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。

子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分に出来る癌です。子宮の入り口付近に発生することが多いので、普通の婦人科の診察で検査しやすいため、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすい癌ですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要といえます。

 

子宮頸がんとヒトパピローマウイルス(HPV)

子宮頸がんの発生には、その多くにヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関連しています。

HPVは、性交渉で感染するウイルスです。子宮頸がんの患者さんの90%以上からHPVが検出されます。HPV感染そのものは珍しい事ではなく、感染しても、多くの場合、自然にHPVが排除されます。HPVが排除されず感染が続くと、一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。また喫煙も、子宮頸がんの危険因子です。

以前、HPVワクチンを受けた、という方であっても、癌にならない訳ではないので、子宮頸がん検診は必要です。

 

どんな症状があるの?

生理中でない時や性行為の際に出血したり、普段と違うおりものが増える、生理の量が増えたり生理期間が長引くなど気になる症状がある時は、早めに受診してください。早期発見できれば、子宮頸がんは比較的予後のよい癌です。

どんな検査をするの?

子宮頸がんは、異形成という状態を経て癌になるのですが、がん細胞に進行する前に、正常でない細胞(がん細胞になる前の細胞)を「細胞診」という検査で見つけることができます。
細胞診という検査は、内診にて子宮の表面を綿棒でこすって調べる検査です。結果が出るまでに1週間かかります。

費用は?

気になる症状がある場合は、保険で調べます。癌検査自体は1000円ほどです。

初診料や再診料を含めると、1500円~2000円ほどになります。

WEB予約・当日予約可 TEL 03-5763-0888 診察時間 : 10時~20時
(水・金 : 17時まで)
(土 : 不定期)

(日・祝日は休診)

診察時間

AM
PM
AM  午前10時 〜 午後1時
PM  午後3時 〜 午後8時
▲:水曜日と金曜日は午後5時まで
●:土曜日は不定期(女性医師)
【休診日】 日曜日・祝日 (臨時休診することもありますので、詳しくはWEB予約からご確認ください。)
PAGETOP
Copyright © 平和島レディースクリニック All Rights Reserved.