ピルのデメリット

  • HOME »
  • ピルのデメリット

メリットも多いピルですが、避けては通れないデメリットについても説明したいと思います。

軽い吐き気

ホルモン剤の特徴として、軽い吐き気が出てしまうことがあります。例えば、月経移動の時に飲む中用量ピルでも副作用として吐き気があるのですが、ここで説明している低用量ピルでも軽い吐き気は出ることがあります。ピルを飲んでいるうちに改善してくることが多いので、それほど辛くなければ、ピルは継続して飲んでください。

少量の不正出血

こちらも、ピルにはついてまわる副作用です。ピルの飲み初め2~3カ月の間は、どうしても少量の出血は出てしまいますが、継続してい飲んでいるうちに無くなることがほとんどなので、3カ月は継続して飲んでみてください。

もちろん、不正出血の原因として、子宮頸がんや性病の可能性もゼロではないので、そういった検査を受けていないのであれば、一度相談してくださいね。

体重増加

論文では、「ピルを飲んだ人でも、飲まなかった人でも体重変化に差がなかった」という結論になっているのですが、時折ピルを飲んだら2~3kg体重が増えた、という方もいます。しかし、確率的には非常に低いので、それほど心配する必要はないと思います。

血栓症

最も確率は低いものの、最も起きて欲しくない副作用が、この血栓症です。確率は非常に低いのですが、最悪の場合は命に係わる副作用であるだけに、どうしても「ピル」に対するハードルの高さにつながっています。

ブログにも血栓症については書いてあるので、参考にしてみてください。

 

WEB予約・当日予約可 TEL 03-5763-0888 診察時間 : 10時~20時
(水・金 : 17時まで)
(土 : 不定期)

(日・祝日は休診)

診察時間

AM
PM
AM  午前10時 〜 午後1時
PM  午後3時 〜 午後8時
▲:水曜日と金曜日は午後5時まで
●:土曜日は不定期(女性医師)
【休診日】 日曜日・祝日 (臨時休診することもありますので、詳しくはWEB予約からご確認ください。)
PAGETOP
Copyright © 平和島レディースクリニック All Rights Reserved.