クラミジア感染症

  • HOME »
  • クラミジア感染症

クラミジアとは

日本や世界で最も多い性感染症です。妊婦健診を受ける方はほぼ全員検査をするのですが、約5%の方がクラミジアに感染しているほど、メジャーな性病です。

子宮からお腹の中へと感染が広がり、不妊症の原因になることもあります。また、オーラルセックスの普及により、咽頭に感染していることもあるため、子宮だけでなく、咽頭の検査も必要です。

どんな症状?

オリモノの増加

生理以外の出血

下腹部痛:感染が広がると上腹部まで痛みが広がることがあります。

しかし、クラミジアに感染しても、半数近くの人が何も症状が出ない、と言われており、心配な時には検査を受けてください。

 

ちなみに、男性も症状が出にくいのが特徴です。軽い尿道掻痒感・不快感だけで本人があまり気づかない場合もあるため、症状がないからと言って大丈夫とは言えません。

 

どうやって調べるの?

子宮のクラミジアは内診で調べます。子宮の表面を綿棒でこするだけの検査なので、痛みはほとんどありません。のどのクラミジアはうがいをして調べます。どちらも結果が出るのに1週間かかります。

症状があれば保険で調べられるのでご相談ください。

どうやって治すの?

抗生物質を飲んで治します。1日飲むだけで治ることがほとんどですが、時々それでは治らないこともあるので、3週間後に治っているかどうか、必ず検査を受けてください。治っていなかった場合は、別のタイプの抗生物質を飲んで治します。

注意点

性感染症なので、パートナーの検査も必ず必要です。そして、お互いがクラミジアに感染していないことが確認できるまでは、性行為は禁止になるので注意して下さい。

また、クラミジアは子宮やお腹の中だけではなく、のどに感染することもあります。のどに感染した場合も明らかな症状が出ないことがあるので、心配な時には検査を受けてください。

子宮のクラミジア、のどのクラミジア、ともに当院で検査可能です。

 

また、クラミジアに感染している人の1割は、淋菌にも感染していると言われています。そのため、クラミジアが心配な時には淋菌の検査も受けることをお勧めします。

WEB予約・当日予約可 TEL 03-5763-0888 診察時間 : 10時~20時
(水・金 : 17時まで)
(土 : 不定期)

(日・祝日は休診)

診察時間

AM
PM
AM  午前10時 〜 午後1時
PM  午後3時 〜 午後8時
▲:水曜日と金曜日は午後5時まで
●:土曜日は不定期(女性医師)
【休診日】 日曜日・祝日 (臨時休診することもありますので、詳しくはWEB予約からご確認ください。)
PAGETOP
Copyright © 平和島レディースクリニック All Rights Reserved.