ピルのメリット

  • HOME »
  • ピルのメリット

生理を整えたり、生理前の調子の悪さに対して使うピルですが、避妊効果とは別の効果についてまとめたいと思います。

 

卵巣がんのリスクを下げる

ピルを飲むことで、卵巣がんのリスクを2割~3割は下げられるという論文から、ピルを1年飲めば1割、5年飲めば3割、10年飲めば4割、10年以上飲めば6割も卵巣癌のリスクが下げられる、という論文までいろいろありますが、どれもピルを飲むことで卵巣癌のリスクが下げられる、というものばかりです。

ですので、結論としてピルによって卵巣癌の確率は下げられると言えます。

子宮体がんのリスクを下げる

子宮体がんに関しても、ピルを飲むことで半分程度までリスクが下げられるという報告が多いです。10年近くピルを飲めば、子宮体がんのリスクを7割も下げられる、という論文もあるくらいなので、卵巣癌と同様にピルによって子宮体がんの確率は下げられると言えます。

大腸がんのリスクを下げる

卵巣や子宮の癌がピルである程度予防できるのはわかるのですが、以外にも大腸がんのリスクも下げられるのです。なぜ大腸がんのリスクが下げられるか、その正確な理論はわかっていないのですが、ピルを飲むことで2割~3割は大腸がんのリスクを下げることができます。

 

ニキビを改善する

半年ほど使用していると、皮膚科で処方されるような抗生物質と同程度の治療効果があります。海外では適応が認められているのですが、日本では保険適応が認められていないため、自費で購入してもらう形になります。

生理痛が酷い方であれば、保険で処方できるので、ご相談ください。

WEB予約・当日予約可 TEL 03-5763-0888 診察時間 : 10時~20時
(水・金 : 17時まで)
(土 : 不定期)

(日・祝日は休診)

診察時間

AM
PM
AM  午前10時 〜 午後1時
PM  午後3時 〜 午後8時
▲:水曜日と金曜日は午後5時まで
●:土曜日は不定期(女性医師)
【休診日】 日曜日・祝日 (臨時休診することもありますので、詳しくはWEB予約からご確認ください。)
PAGETOP
Copyright © 平和島レディースクリニック All Rights Reserved.